HAUNTED-666
このblogに掲載されている写真、絵、詩等の文字作品の著作権は清野にあります。無断使用、転載、加工、配布禁止です。
真・女神転生 IMAGINEのプレイ日記などw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bloody madman
※流血表現があります



『アァ…痛イ…トテモ苦シイヨ……何デ助ケガ来ナイ?ドウシテコイツハ俺ヲ治療スル?

苦シミガ終ワラナイ。ヤメロ触ルナ。気持チ悪イ。何故コンナ事ヲ…タスケテ!タスケテ!!

苦シイ…痛イ…!!

モウ嫌ダ…助ケ…

イヤ、コノ苦シミガ続クノナラ

イッソ

殺シテクレ!!』






目の前が真っ赤だ。
何があったんだっけ?
ああ、そうだ僕は捕まって…
あの男に…
胸を突かれた。

痛みが止まない。
当然だ、目の前の男が中途半端にヒールして
傷つけて、またヒールして。
そのループだ。

ダメだ苦しい、痛い、
こんなの続いたら…正気が保てない…

「ガボッゲホッゴホッ!」

気を失っていたようで、目を覚ますと同時に自身の血で溺れかけた。
喉にまだ血が残っていたらしくそれを思い切り吸ってしまったようだ。

「清さん!」

こんな凄惨な場所に似つかわしくない可憐な声が聞こえた。mizuhoの声だ。

後からすぐアジュマーンとユベントスが入って来た。

と、同時にアジュマーンが犯人と思わしき血濡れの男にリストレインをかけ
そのまま走り寄り顔面に拳で一撃を与えた。
地面に突っ伏した男をやってきた4班のディーヴァたちが取り押さえ、拘束する。

そこで初めてユベントスは彼の顔を見た。

「お前…パトリック…」

ユベントスが犯人の顔を見て信じられないといったような顔つきで名前を呼ぶ。

「…やあユベントス。」

そういうと、パトリックは返り血に染まった顔でにっこりと微笑んでみせた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。