HAUNTED-666
このblogに掲載されている写真、絵、詩等の文字作品の著作権は清野にあります。無断使用、転載、加工、配布禁止です。
真・女神転生 IMAGINEのプレイ日記などw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロローグ―闇に染まりし者(Dyed in darkness)
闇に染まりし者(Dyed in darkness)

プロローグ



—絶望の光が仄暗い欲望を呼んだ。その闇の深さは誰にも計り知れない—



鈍色の雲がインタルディカの空を覆う。
小粒の雨が降り出し、乾燥し乾いた土地にしみ込んでいく。
アンデッドの巣窟となっている起伏の激しい土地、メデウス荘園
いつも以上に陰鬱な雰囲気を醸し出していた。

(今さっきまで晴れていたのに…)

そう独り心の中で愚痴りながらディーヴァは
雨避けの被り物を取り出して纏い、中断していた採集を再開した。
この単調作業とメデウス荘園の雰囲気が余り好きで無い上に、降り出した雨。
ディーヴァのやる気を削ぐには十分の条件だった。
案の定、マテリアル抽出の為に翳された手のひらは気の集まりが悪く、
集中力を必要とするにも関わらず、それは散漫になっていた。

採集袋の中を覗く。一応製作に必要な量は有るようだった。

「今日は気分も乗らないし…いいや、やめよ。」

ディーヴァは採集の手を止める。
散漫であったが少ないながらも向けていた集中力を切ったその時、
瞬時にしてディーヴァの背筋が凍った。
背後からとてつもなく重々しい空気が感じ取れたからである。

「な…に…?」

振り返ったディーヴァの瞳孔が光を受けて収縮する。
そこには真っ黒な人の形をした“何か”が青く燃える両手をこちらに伸ばしていた。
スポンサーサイト
闇に染まりし者(Dyed in darkness)
闇に染まりし者(Dyed in darkness)目次ページ。全13節。

The Tower of AIONの天族/清野のショートストーリーになります。

グロテスクな表現がありますので、苦手な方は気を付けてくださいね(´・ω・`)

【登場人物紹介】

1.プロローグ

2.Glimpse of madness

3.Odor of anxiety

4.A victim witness

5.Cooperation of hostile tribes

6.The entrance to hell

7.Confrontation with madness

8.Another truth

9.Bloody madman

10.Gentle awakening

11.The despondent Strider

12.produced by hatred devil

13.Uncertain farewell(最終章)

2015/10/08 lastUP!完結しました。

AION知らない方にも読んでもらいたいなと思ったので、
小説本文中に説明が必要かなと思った文字にリンクを付けておきました。
クリックするとその文字の説明が書いてある記事に飛びます。

追記に「The Tower of AION」の説明をざっくりと。
(公式の「タワー オブ アイオン」の世界観 より情報抜粋。



The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright c 2009 NCsoft Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
AION クラスについて
「タワー オブ アイオン」には、それぞれ異なる役割を持つクラスが存在する。
1次クラスは6種あり、ディーヴァに転職する際に、2次クラス(11種)を選択することになる。
1次クラスは追記に。
紹介写真はすべて上が天族で下が魔族です。

【2次クラス】

2015y06m10d_125004515.jpg
2015y06m10d_125037650.jpg

●シールドウイング
ソードマンから転職時に選べる2次クラスのひとつ。
高いHPと共に防御力が高いプレートを装備するため、生存率が高く、
同時に自分の防御力を高めて敵の攻撃から同僚を保護する多様なスキルを習得できる。
主に敵の攻撃を最前線で防ぎながら戦うタンカーの役割を任される。


2015y06m10d_124957792.jpg
2015y06m10d_125028711.jpg

●ソードウイング
ソードマンから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
高いHPと共に防御力が高いプレートを装備でき、最前線で戦えるので、
典型的なソードマンといえる。また、グレートソードとハルバードのような
両手武器を装備できる唯一のクラスで、この系の武器を装備すれば
一度に多くの敵を攻撃する多様な広域スキルを使うことができる。



2015y06m10d_125010116.jpg
2015y06m10d_125047525.jpg

●ボウウイング
ストライダーから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
ボウを利用した遠距離攻撃に特化されたクラスで、
多様なスキルで相手の足を縛っておいた後、
短時間内に強力なスキルを浴びせて、勝利をおさめるスタイルだ。
だが、全体的にHPが低く、防御力が低いレザー防具しか着られないので、注意が必要。
その他にもボウ ウイングだけが使用できるトラップは仕掛けておいた後、
その上に敵が通り過ぎると発動するスキルで、各種状態異常を起こして、
相手の隙を作り出す。


2015y06m10d_125007526.jpg
2015y06m10d_125043391.jpg

●シャドウウイング
ストライダーから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
典型的な暗殺者スタイルのクラスで、
ハイドを利用して敵に見つからないように後に回り、
強力な攻撃力を誇るパターン エングレイブ スキルを使い、
一気に勝負を決める戦法が代表的だ。
この他にもデュアル ウェポン マスタリーによる二刀からの
多様な攻撃スキルを基にして爆発的な攻撃力を見せることができる。
その反面、防御力が落ちるレザー防具だけ着用できるので、
予期しなかった一撃に瀕死状態に陥ることもあるため、
相手の物理攻撃および魔法攻撃を回避できる多様なスキルを活用して、
危機を克服しなければならない。



2015y06m10d_125016933.jpg
2015y06m10d_125056073.jpg

●スペルウイング
ウィザードから転職する時に選べる2次クラスの一つ。
強力な遠距離魔法攻撃を持っているダメージディーラーな反面、
低いHPと、防御力が低いローブ系の防具しか装備することができない。
そのためソロプレイは、遠距離で魔法攻撃をして、
それにあわせて移動速度を減少させたり、一定時間寝かすなどの
多様な状態異常攻撃をすることが重要だ。


2015y06m10d_125013220.jpg
2015y06m10d_125051752.jpg

●スピリットウイング
ウィザードから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
最も大きい特徴は、精霊(スピリット)を呼び出して、
自分の手下にして戦うということ。
直接的な戦闘はスピリットに任せてコントロールすると同時に、
各種魔法で徐々に敵のHPおよび能力値を低下させることが基本戦法だ。
プレイによっては一人で強力なエリート モンスターを相手にできる。


2015y06m10d_125024983.jpg
2015y06m10d_125112110.jpg

●チャントウイング
クレリックから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
回復スキル及び、多様な攻撃スキルを持っているチャント ウイングは、
攻撃と回復、両方を一人ですることができる、多彩なクラスといえる。
一方、発動するだけで自分および一定範囲内にいる
パーティーメンバーの能力値を引き上げてくれるマントラ スキルは、
パーティープレイ時にすばらしい効果を発揮する。
メンバーの能力値を、一定時間高めることのできる
バッファーとしての役割も特徴のひとつだ。



2015y06m10d_125019757.jpg
2015y06m10d_125106135.jpg

●キュアウイング
クレリックから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
一度に大量のHPを回復させ、PTメンバー全員のHPを
一度に回復させることもでき、各種状態異常を瞬時に回復させる
キュア ウイングは、パーティープレイではなくてはならない存在だ。
特に強力なボス モンスターと戦う時、パーティーメンバーの生死を司る
キュア ウイングはヒーラーとして他のクラスの誰も代わりはできない。



●バレットウイング
バレットウイングは中長距離フォワードとして、
魔法系​​の特性を持っているが、物理系の動きも備えているクラスだ。
特に、使用する武器(マジックガン/マジックキャノン)に
応じて戦闘スタイルが大きく変わることは、
バレットウイングの最大の魅力といえる。

マジックガンの場合、シャドウウイングのように
両手に一つずつ身に装備することができ、
素早い連続攻撃と派手なムービングアクションが可能である。
一方、マジックキャノンの場合機動力は多少落ちるが、
砲撃による致命的ダメージを与える攻撃が可能だ。


●ギアウイング
装甲性専用武器であるマジックキーを着用して
基本的なスキルである搭乗を使用すると、ギアを召喚して乗ることができる。
ギアに搭乗すると、デフォルトの攻撃の有効距離が6mに増え、
ギア専用スキルを使用できるようになる。
また、ギア ウイングは基本的には魔法系列の特性を持っている。
主な武器である起動鉄と補助武器の魔力の合計も、
すべての魔法系武器に属する。


●メロディウイング
メロディ ウイングは魔法系列遠距離クラスで、
魔法系武器のハープを使用し、防具はローブ系を着用する。
主に魔法系特有の遠距離攻撃を行うが、様々な状態異常で敵を抑え込む役割と、パーティーメンバーをサポートして回復を行う役割を兼ねている。

The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright c 2009 NCsoft Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
エリュシオンについて
作品中出てくる場所のみの説明です。

eryu.jpg
エリオス大広場から守護の聖堂を望む

2015y06m06d_001817545.jpg
エリオス大広場

エリュシオンは天族の首都。
大崩壊後、混沌から立ち直り始めた人間やディーヴァ達に
アリエル神が神々の新しい居となる首都を建てなさいと命じ作られた。

エリュシオン
エリュシオン地図

聖なる道
聖なる道
料理、防具、アクセサリー、防具の染色剤など
各種アイテムを購入することができる。
レギオン設立などの管理もここ。
ここを通って賢者の図書館へ行くことができる。

名人の聖堂
名人の聖堂
裁縫、金属鎧製作、細工、錬金術、武器製作、料理などを学べる。
学んだスキルを元にアイテムを生産することができる。

また材料を採集するためのスキルのオード抽出とマテリアル抽出の
能力を向上させることができるマスターが存在しており、
採集と製作を楽しむ多くの人間やディーヴァがここを訪れる。

画像中央に見える浮遊石に乗り守護の聖堂へのぼる事ができる。


守護の聖堂
守護の聖堂
名人の聖堂中央部にある塔。
賞勲官と各クラスの上級マスター及び、
スティグマ関連の管理者がいる場所だ。
ユベントスはボウウイング、シャドウウイングの
上級マスターなのでこの場所が仕事場となる。

大聖堂01
大聖堂入口から奥の神官の部屋を望む
大聖堂02
エリュシオン大聖堂
ディーヴァの覚醒を担当している大神官と
各クラスのマスター(初級)が集まっている場所。
登場人物紹介
kiyono.jpg
清野
種族:天族
クラス:シャドウウイング
この小説の主人公。


mizuho_20150603222208ab1.jpg
mizuho
種族:天族
クラス:チャントウイング
清野とよく行動を共にしている。友達以上恋人未満。
明るく元気ではきはきとしている。


ajyu.jpg
アジュマーン
種族:天族
クラス:キュアウイング
博識で器用。武器製作も嗜んでいる。
覚醒初期から良くしてくれる数少ない人物。
少し不思議ちゃんな雰囲気も持っている。


morizo.jpg
morizo
種族:天族
クラス:スペルウイング
良く一緒に行動することがあり、清野が気を許している人物の一人。
癒し系のおっとりとした話し方で性格も穏やか。


canaco.jpg
canaco
種族:天族
クラス:キュアウイング
時々お手伝いに来てくれる。
割とさばさばとした性格。


mylene.jpg
mylene
種族:天族
クラス:ソードウイング
武功を立てるのが生きがいの女傑。
友人の仕事の手伝いにも来てくれる気遣いの出来る人。

yubentosu.jpg
ユベントス
種族:天族
シャドウウイングとボウウイングのマスター。
シャドウ・ボウウイングのディーヴァは
彼からスキルの手ほどきを受ける。


patric.jpg
パトリック
種族:天族
キュアウイング。
ユベントスの旧友。エリュシオンで機密部の研究などをしている。


roy.jpg
ロイ
種族:魔族
クラス:キュアウイング
時空の亀裂を通り魔界から天界に調査しに来た魔族。
見た目とは違いかなり古株のディーヴァ。


vance.jpg
ヴァンス
種族:天族
クラス:シールドウイング
魔族を心の底から憎む天族の一人。
同じくディーヴァに覚醒した妻を
魔族によって殺された(消滅させられた)過去を持つ。
インタルディカ
アトレイア全図
アトレイア全図


天界地図
天界地図
話の舞台となるインタルディカは右下の地域である。


メデウス荘園の位置は中央上にあるパセルタ村から程近い。
村の右下一帯がメデウス荘園。(白く囲われた辺り)
map_インタルディカ-荘園

インタルディカ要塞
インタルディカ01

メデウス荘園からパセルタ村を臨む
メデウス荘園からパセルタ村を臨む

徘徊するアンデッド
アンデッド01
アンデッド02


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。