HAUNTED-666
このblogに掲載されている写真、絵、詩等の文字作品の著作権は清野にあります。無断使用、転載、加工、配布禁止です。
真・女神転生 IMAGINEのプレイ日記などw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Odor of anxiety
※ここから創作要素が増えてきます。
エリュシオンにそんな施設ないよ!!ってのも結構でてくるので、
そこは清野の妄想と言うことで許してください…



今となってはあまり訪れる機会の少なくなったエリュシオン大聖堂の大神官達がいる最奥の部屋に入ると、
ユベントスは大神官達に会釈しそのまま後方右奥の壁の前に立ち手慣れた感じで何もない壁を指でなぞる。
古代アトレイアの文字と思われる形に動いた後その下に横に一本線を引きその中央を押すと、
小さく機械音がした。
それと同時にギアの合う音がし、全く隙間も見えなかった壁が左右に開く。

惚けた顔をした一行にユベントスは「ほら、早く」と中に入るよう促す。
入ったと同時にすぐに扉は壁に戻っていった。
壁に設置されたランプでぼんやりと照らし出された階段を下りていくと、
行き止まりにワープホールのようなものがあった。

「かなり厳重ね…」

そうつぶやいたMyleneの方を向きユベントスは頷く。

「ここは天界一機密の詰まった場所なんだ。このワープホールもただのワープホールじゃない。
入った人物を瞬時に見極めて、それが違法侵入者の場合、
次元の狭間まで飛ばしてしまうという少し危険なホールだ。
だが、今まで誤作動した事は殆どない。」

「っふ、ワープホールだけじゃないでしょ?この壁に埋め尽くされた有機体の視線が痛いわよ」

腕を組んだまま辺りを見回した後、いやだわとでも言うように首を振るMyleneをみて驚いた表情をみせるユベントス。

「よく分かったな。そうこの壁も侵入者を区別できる有機体が埋め込まれている。
侵入者が有れば排除。排除に失敗しても追跡出来るようになっている。」

さあ。とユベントスは手を一番近くに居たmizuhoに差し出す。
その手を引き、そのままワープホールの中へと消えていく。

「…行こう」

残った者達もその後に続きワープホールに消えていった。

ワープホールの先は長い廊下が続いていた。
左右は水晶から切り出した透明な壁で区切られた研究室のような部屋が並び、
ディーヴァや天族、そしてその他の種族(シューゴ族の姿が多い)の研究員達が熱心に…
一種とり憑かれたかのように仕事をしている。
現にこちらに気づいた者は誰一人いなかった。

「奥から2番目の部屋だ」

ユベントスが先行し向かう。
こちらに気づいた研究員も何人か居たが、何も見ていなかったかのように作業に戻る者が殆どだ。
こういう所に薄気味悪さを感じてしまうのは皆同じなのだろうか。と思案を巡らせているうちに
いつの間にか目当ての部屋の前まで移動していた。

水晶張りのため既に“彼女”の姿は見えていた。
斜めになった寝台にベルトで固定されている手足首腰は今にも折れそうな細さで弱々しく見えたが、
目だけはカッと見開き喰らいつかんとする勢いがある。
表情は苦痛をこらえているのか歯を食いしばり、筋が強ばり、
全ての力が込められて…鼻が削げ落ちている事もあるが、
元の表情が全く分からないほど歪んでいる。

「…ひどい……」

mizuhoが声を震わせて口元をおさえる。
皆動揺を隠しきれず、敵種族ながらこの状態で生きている事に哀れみを感じずにはいられない。

「これはまた想像以上な…」

ユベントスは“彼女”をのぞき込みそっと肌に触れる。
“彼女”はもうほぼ皮膚からの感覚が無のか触られた事に対しての反応は無かった。
皮膚は無く筋組織があらわになり、そこが焼け焦げたような状態で、
触った指先には血や体液が付着した。
手近にあったガーゼでその血と体液をぬぐうとユベントスは
その“彼女”の検査を任された研究員でありディーヴァでもあるパトリックを呼んだ。

「久しぶりだな!元気にしていたか?」

「ああ、おかげさまで。」

二人は昔からの知り合いらしく、親しげな挨拶を交わすとすぐに本題に入った。

「どこから来たのか特定はできたのか?」

「体に付着していた土、植物の花粉などから場所特定は出来たよ。
“彼女”は長い間、荘園から出ては居ない。かろうじて残っていたブーツの片足から、
僅かな魔界の土と荘園の土、手からパスニップの花粉が検出された。
パスニップはインタルディカとテオボモスにしか自生しておらず、
インタルディカでは荘園のみ自生している植物。だから…」

「なるほど…」

ユベントスは顎に手を当て思案する体勢を作ったがすぐに崩し清野達の方に向く。

「メデウス荘園一帯を3人1PTの2PTで調査してくれ。
信頼出来る仲間であるなら、俺に報告後、一緒に調査してくれても構わない。ただし機密事項を守る事。
危険な生命体とかち合った場合は一度退いてから1PT偵察させておきつつ
もう1PTが俺に報告してくれ。こちらの戦力も引き連れて再度向かおう。」

「了解」

捜査依頼書をささっと手書きで付け足しの部分を書き、清野に渡す。
署名の部分に一人ずつサインをしていく。

「“彼女”はどうするんです?」

一人まっすぐにずっと“彼女”を見ていたアジュマーンが口を開いた。

「どうする。というと?」

「このまま研究材料にしておくのか、それとも殺すのか。」

難しそうな表情を作りユベントスは視線をアジュマーンから“彼女”へと移す。
それからパトリック、そしてアジュマーンへと戻る。
パトリックはまだ研究し足りないと言った独り言をこぼして居た。

「俺の一存では決めかねるところだが、もう少し研究が必要だろう。
“彼女”への治癒は見込めない。天族の回復魔法は効かないし、どういう事か自然治癒が全く追いついていない。
その原因解明と“彼女”がどうしてこのような異形の者と化したのか。
それも調べねばなるまい。その後はわからないが…」

なるほど、といった感じで頷きアジュマーンは署名した。

「何か腑に落ちない点でも?」

「いえ何も。ただの好奇心ですよ」

ユベントスの問いにあっけらかんと答える。
つかみ所のないのが彼の特徴でもあるが…

「では署名はこちらで保管しておく。任務内容は個々に渡した用紙に記してあるからそれを見てくれ。まあ殆ど説明してしまったがな。では頼んだぞ。」

話の終了と同時にmorizoがタイムスペースコリドールを詠唱する。
ユベントスはその場に残り皆外に出た。

「…はぁ…」

皆重苦しい雰囲気に包まれたまま常春のエリュシオンに佇む。
魔族の“彼女”の状態が想像以上で未だに引き摺られている。
薬品と体液、血液の匂いが鼻をついた。
鼻腔から肺にかけてその空気がまだ滞ってしまっている気がして
清野は深く新鮮な空気を吸い、肺へと送った。

「う~ん…」

下で質問してからずっと何か引っかかっているアジュマーンが
いよいよ声に出して疑問を形にし出した。

「どうしたの?アジュさん?」

「何かひっかかるんだよねぇ…。」

こういう時のアジュマーンの直感は大体当たっていることが多い。
皆に一抹の不安が漂った。
スポンサーサイト
AION クラスについて
「タワー オブ アイオン」には、それぞれ異なる役割を持つクラスが存在する。
1次クラスは6種あり、ディーヴァに転職する際に、2次クラス(11種)を選択することになる。
1次クラスは追記に。
紹介写真はすべて上が天族で下が魔族です。

【2次クラス】

2015y06m10d_125004515.jpg
2015y06m10d_125037650.jpg

●シールドウイング
ソードマンから転職時に選べる2次クラスのひとつ。
高いHPと共に防御力が高いプレートを装備するため、生存率が高く、
同時に自分の防御力を高めて敵の攻撃から同僚を保護する多様なスキルを習得できる。
主に敵の攻撃を最前線で防ぎながら戦うタンカーの役割を任される。


2015y06m10d_124957792.jpg
2015y06m10d_125028711.jpg

●ソードウイング
ソードマンから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
高いHPと共に防御力が高いプレートを装備でき、最前線で戦えるので、
典型的なソードマンといえる。また、グレートソードとハルバードのような
両手武器を装備できる唯一のクラスで、この系の武器を装備すれば
一度に多くの敵を攻撃する多様な広域スキルを使うことができる。



2015y06m10d_125010116.jpg
2015y06m10d_125047525.jpg

●ボウウイング
ストライダーから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
ボウを利用した遠距離攻撃に特化されたクラスで、
多様なスキルで相手の足を縛っておいた後、
短時間内に強力なスキルを浴びせて、勝利をおさめるスタイルだ。
だが、全体的にHPが低く、防御力が低いレザー防具しか着られないので、注意が必要。
その他にもボウ ウイングだけが使用できるトラップは仕掛けておいた後、
その上に敵が通り過ぎると発動するスキルで、各種状態異常を起こして、
相手の隙を作り出す。


2015y06m10d_125007526.jpg
2015y06m10d_125043391.jpg

●シャドウウイング
ストライダーから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
典型的な暗殺者スタイルのクラスで、
ハイドを利用して敵に見つからないように後に回り、
強力な攻撃力を誇るパターン エングレイブ スキルを使い、
一気に勝負を決める戦法が代表的だ。
この他にもデュアル ウェポン マスタリーによる二刀からの
多様な攻撃スキルを基にして爆発的な攻撃力を見せることができる。
その反面、防御力が落ちるレザー防具だけ着用できるので、
予期しなかった一撃に瀕死状態に陥ることもあるため、
相手の物理攻撃および魔法攻撃を回避できる多様なスキルを活用して、
危機を克服しなければならない。



2015y06m10d_125016933.jpg
2015y06m10d_125056073.jpg

●スペルウイング
ウィザードから転職する時に選べる2次クラスの一つ。
強力な遠距離魔法攻撃を持っているダメージディーラーな反面、
低いHPと、防御力が低いローブ系の防具しか装備することができない。
そのためソロプレイは、遠距離で魔法攻撃をして、
それにあわせて移動速度を減少させたり、一定時間寝かすなどの
多様な状態異常攻撃をすることが重要だ。


2015y06m10d_125013220.jpg
2015y06m10d_125051752.jpg

●スピリットウイング
ウィザードから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
最も大きい特徴は、精霊(スピリット)を呼び出して、
自分の手下にして戦うということ。
直接的な戦闘はスピリットに任せてコントロールすると同時に、
各種魔法で徐々に敵のHPおよび能力値を低下させることが基本戦法だ。
プレイによっては一人で強力なエリート モンスターを相手にできる。


2015y06m10d_125024983.jpg
2015y06m10d_125112110.jpg

●チャントウイング
クレリックから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
回復スキル及び、多様な攻撃スキルを持っているチャント ウイングは、
攻撃と回復、両方を一人ですることができる、多彩なクラスといえる。
一方、発動するだけで自分および一定範囲内にいる
パーティーメンバーの能力値を引き上げてくれるマントラ スキルは、
パーティープレイ時にすばらしい効果を発揮する。
メンバーの能力値を、一定時間高めることのできる
バッファーとしての役割も特徴のひとつだ。



2015y06m10d_125019757.jpg
2015y06m10d_125106135.jpg

●キュアウイング
クレリックから転職する時に選べる2次クラスのひとつ。
一度に大量のHPを回復させ、PTメンバー全員のHPを
一度に回復させることもでき、各種状態異常を瞬時に回復させる
キュア ウイングは、パーティープレイではなくてはならない存在だ。
特に強力なボス モンスターと戦う時、パーティーメンバーの生死を司る
キュア ウイングはヒーラーとして他のクラスの誰も代わりはできない。



●バレットウイング
バレットウイングは中長距離フォワードとして、
魔法系​​の特性を持っているが、物理系の動きも備えているクラスだ。
特に、使用する武器(マジックガン/マジックキャノン)に
応じて戦闘スタイルが大きく変わることは、
バレットウイングの最大の魅力といえる。

マジックガンの場合、シャドウウイングのように
両手に一つずつ身に装備することができ、
素早い連続攻撃と派手なムービングアクションが可能である。
一方、マジックキャノンの場合機動力は多少落ちるが、
砲撃による致命的ダメージを与える攻撃が可能だ。


●ギアウイング
装甲性専用武器であるマジックキーを着用して
基本的なスキルである搭乗を使用すると、ギアを召喚して乗ることができる。
ギアに搭乗すると、デフォルトの攻撃の有効距離が6mに増え、
ギア専用スキルを使用できるようになる。
また、ギア ウイングは基本的には魔法系列の特性を持っている。
主な武器である起動鉄と補助武器の魔力の合計も、
すべての魔法系武器に属する。


●メロディウイング
メロディ ウイングは魔法系列遠距離クラスで、
魔法系武器のハープを使用し、防具はローブ系を着用する。
主に魔法系特有の遠距離攻撃を行うが、様々な状態異常で敵を抑え込む役割と、パーティーメンバーをサポートして回復を行う役割を兼ねている。

The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright c 2009 NCsoft Corporation.
NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
エリュシオンについて
作品中出てくる場所のみの説明です。

eryu.jpg
エリオス大広場から守護の聖堂を望む

2015y06m06d_001817545.jpg
エリオス大広場

エリュシオンは天族の首都。
大崩壊後、混沌から立ち直り始めた人間やディーヴァ達に
アリエル神が神々の新しい居となる首都を建てなさいと命じ作られた。

エリュシオン
エリュシオン地図

聖なる道
聖なる道
料理、防具、アクセサリー、防具の染色剤など
各種アイテムを購入することができる。
レギオン設立などの管理もここ。
ここを通って賢者の図書館へ行くことができる。

名人の聖堂
名人の聖堂
裁縫、金属鎧製作、細工、錬金術、武器製作、料理などを学べる。
学んだスキルを元にアイテムを生産することができる。

また材料を採集するためのスキルのオード抽出とマテリアル抽出の
能力を向上させることができるマスターが存在しており、
採集と製作を楽しむ多くの人間やディーヴァがここを訪れる。

画像中央に見える浮遊石に乗り守護の聖堂へのぼる事ができる。


守護の聖堂
守護の聖堂
名人の聖堂中央部にある塔。
賞勲官と各クラスの上級マスター及び、
スティグマ関連の管理者がいる場所だ。
ユベントスはボウウイング、シャドウウイングの
上級マスターなのでこの場所が仕事場となる。

大聖堂01
大聖堂入口から奥の神官の部屋を望む
大聖堂02
エリュシオン大聖堂
ディーヴァの覚醒を担当している大神官と
各クラスのマスター(初級)が集まっている場所。
ブログリンクについておしらせ
NCブログさんのリンクを1度全部削除します。
リンクされてないので意味がないかと。
確認できた人はまた追加させて頂こうかなと思っています!
その時はよろしくです(´▽`)ノ
SUKIYAKI
上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 思い出す春の日 一人ぼっちの夜

 上を向いて歩こう
 にじんだ星をかぞえて
 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜

 幸せは 雲の上に
 幸せは 空の上に

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 思い出す秋の日 一人ぼっちの夜

 悲しみは 星のかげに
 悲しみは 月のかげに

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

 一人ぼっちの夜
 一人ぼっちの夜



日本航空123便墜落事故から25年…
坂本九さんが亡くなってからも25年。

本当いい歌ですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。